トップページ > 環境製品(クリーン) > 「クリーンブースシステム」製品一覧 >  クリーンブースシステム

クリーンブースシステム

クリーンブースシステム

標準サイズ、特注サイズでも通常2週間で出荷 デスクに載るクリーンベンチから
大型クリーンブースまで1mm単位で対応。8種類の定型サイズもあります。


クリーンブースシステム

定型サイズのクリーンベンチ、クリーンブースの他、お客様の仕様に合わせた製作が可能です。

特長 | システム基本形 | 技術データ | 定型仕様 | FFU取付方法 | 定型部材 | 外形寸法図 | フレーム組立要領

特長

  • 短納期
  • 組み立て易い
  • サイズはフリーサイズ
  • 様々な仕様に対応
  • その他、詳しくは、「製品概要」ページをご覧ください。

取得規格

欧州RoHS対応...× 中国RoHS対応...× CE宣言...× UL規格対応...× CSA規格対応...× 電気用品安全法適合...×

アイコンの見方をご確認ください。


製品写真

製品写真

クリーンブースシステム

特長 | システム基本形 | 技術データ | 定型仕様 | FFU取付方法 | 定型部材 | 外形寸法図 | フレーム組立要領

オーム クリーンブースシステム基本形

  • 以下の部材で構成されます。
フレーム カーテン FFU
  • 縦柱:F44L(40 × 40)片側端面M16 加工
  • 梁:F48L(40 × 80)、F44L
  • コーナーステー(SA40)× 8
  • エンドキャップ(EP44)× 4
  • アジャスター(AK16)×縦柱の本数
  • フレーム結合部材
  • 側面用× 2
  • 天面用× 1
  • 固定用SUS 板側面用× 2
  • 固定用SUS 板天面用× 4
  • M4 × 10 トラス× 12
  • F ナット(NF40-M4)× 12
  • アルミø6 棒(カーテン固定用)
  • シート押さえ

クリーンブースシステム基本形

カーテン

  • 天面 1枚 (4隅25mmLカット/4方に丸棒が入るよう折り返し)
  • 側面 2枚 (上面に丸棒が入るよう4方折り返し/下面クサリ(ウエイトチェーン)入り)

カーテン

※1 クリーン度により異なります。

CB1515 、CB2020、CB2030、CB3030はかぶせ仕様となります。

その他

  • カーテンは2 枚組みが基本となります。(出入り口用重ね寸法300mm)
    (CB1515 、CB2020、CB2030、CB3030はかぶせ仕様となります。)
  • ブースの固定はアジャスターのø14 穴とアンカーボルトで固定してください。
  • 天面のカーテンはFFU 用の切欠き加工がされておりません。現場合わせでカットしてください。
  • カーテンと地面の隙間は約50~100mmです。(クリーン度により異なります)
  • FFU 用開口部は任意寸法指定が可能です。お問い合わせください。

カーテンデータ

UV カット、遮光カーテン等にも対応します。

  • 厚み:0.3mm
  • 帯電防止加工
  • 防炎2 級(JIS A-1322)
  • 4 方折り返し加工
  • 側面用カーテンのみ下方クサリ入り
  • 透明
  • 材質:軟質塩化ビニール

特長 | システム基本形 | 技術データ | 定型仕様 | FFU取付方法 | 定型部材 | 外形寸法図 | フレーム組立要領

技術データ

  • ブースを地面に固定し、静荷重を前提としたデータです。それ以外の環境では十分な安全率をとってください。

梁1本当たりの許容荷重(F48L-Y 自由端・中央部集中荷重)

長さ(mm) ~ 2000 2001 ~ 2999 3000 ~ 4000
許容荷重 130kg(最大たわみ6mm) 90kg(最大たわみ12mm) 68kg
補強 許容荷重まで無し 推奨 あり
梁1本当たりの許容荷重
  • 補強材は基本的に下図のように入ります。

補強材

  • アジャスターをキャスターに変更する場合は例外です。

特長 | システム基本形 | 技術データ | 定型仕様 | FFU取付方法 | 定型部材 | 外形寸法図 | フレーム組立要領

定型仕様

定型クリーンベンチ

型式 CB0805 図
寸法 W800 × H700 × D500
仕様 天板 ペット板
側面 帯電防止カーテン
正面 マジックテープにて固定
型式 CB1205 図
寸法 W1200 × H700 × D500
仕様 天板 ペット板
側面 帯電防止カーテン
正面 マジックテープにて固定

定型クリーンブース

型式 CB1515 CB1515 型式 CB3030 CB3030
寸法 W1500
H2000
D1500
寸法 W3000
H2000
D3000
型式 CB2020 CB2020 型式 CB3040 CB3040
寸法 W2000
H2000
D2000
寸法 W3000
H2000
D4000
型式 CB2030 CB2030 型式 CB4040 CB4040
寸法 W2000
H2000
D3000
寸法 W4000
H2000
D4000
  • ファンフィルターユニット(FFU)の機種選定、価格は別途お打合せさせていただきます。

特長 | システム基本形 | 技術データ | 定型仕様 | FFU取付方法 | 定型部材 | 外形寸法図 | フレーム組立要領

FFU取付方法について(各社FFU に対応します)

FFU 取付方法は、以下のことから基本的に下方向から取付可能な方法となります。

  • ブースの天井に上る必要がないため、安全に組み立てられます。
  • 簡単に取り外しができるため、FFU のメンテナンスが容易にできます。
  • ブース天井から設置場所天井のスペースが狭くても取付られます。
FFU取付方法

特長 | システム基本形 | 技術データ | 定型仕様 | FFU取付方法 | 定型部材 | 外形寸法図 | フレーム組立要領

定型クリーンブース部材

ワク + カーテン・固定部材
フレーム・
結合部材
コーナー
ステー
アジャスター エンド
キャップ
カーテン
固定部材
カーテン
×1
カーテン
×2
フレーム・結合部材 コーナーステー アジャスター エンドキャップ カーテン固定部材 カーテン×1 カーテン×2
  • キャスター対応も可能です。

特長 | システム基本形 | 技術データ | 定型仕様 | FFU取付方法 | 定型部材 | 外形寸法図 | フレーム組立要領

外形寸法図

定型クリーンベンチ

CB0805 CB1205
CB1515
CB1515

定型クリーンブース

CB1515 CB3030
CB1515
CB3030
CB2020 CB3040
CB2020
CB1515
CB2030 CB4040
CB2030
CB4040
  • W、H、D の各寸法はフレームの外寸になります。
  • 部材はクリーニングして出荷しておりますが、クリーンルーム内に持ち込まれる場合は、再洗浄が必要になります。
  • 上面にはFFU 以外の荷重がかけられません。
  • ブース設置後は地面に固定してください。

特長 | システム基本形 | 技術データ | 定型仕様 | FFU取付方法 | 定型部材 | 外形寸法図 | フレーム組立要領

フレーム組立要領

レコフレームとは?

  • 自動機メーカの創ったアルミフレームシステムです。

レコフレームは組立時の工数削減に重点を置いて開発された機械構造用のアルミフレームシステムです。

弊社製の検査装置には100% レコフレームを導入し、多数の実績・評価をいただいています。差し込んで締めるだけの簡単な組立、内部結合によるシンプルで美しい外観。レコフレームはアルミフレームにおける最適なソリューションを提供します。

  • アルミ材はユキ技研株式会社のレコフレームを使用しています。 レコフレーム

フレームの結合方法 T ロック・テーパーボルト

T ロックをテーパーボルトのくさび効果で強固に引き込み、確実にフレームとフレームを固定します。

図

図

  • T ロックには方向性があります。“LECO”の文字がø10 側に向くようにフレームを差し込み、テーパーボルトを締めてください。

コーナーステー

ダイキャストコーナーステーは2 ピースで構成され、くさび効果によりフレームどうしをしっかり固定、強固な組立て剛性が得られます。

コーナーステー

エンドキャップ

図

フレームの端面に軽く打ち込み、付属ねじを締め込んでください。センタービスで押し広げる構造となっていますので、容易にははずれません。

フレーム端面が表に出る部分には、ケガの防止のためにも、エンドキャップを取付てください。

カーテン固定手順

1. 天井の4角にNF40-M4を2個ずつ挿入し、カーテン4辺の袋部分にFB06を差し込みます。RC06でFB06をカーテンごとフレームの溝に
はめ込みます。

  • 溝の端から35mmの所へはめること。(RC06の挿入方法を参照)
  • CBSU-Uを4隅に固定します。

図

2. NF40-M4を溝に挿入しCBSU-DLを取付けます。この時ゴム板がCBSU-DLに当たるようにします。

図

3. FB06が固定され、カーテンも固定されます。

図

RC06の挿入方法
基本は2人作業です。
まず、FB06を挿入したカーテンを溝の中に押し込みます。
図

RC06の長い方のリブでFB06を押さえ込むように当てます。
1人が端から押し込み、もう1人が押し込む先が図①の様な形になるようにRC06・FB06を支えます。

※図①の形になっていないと押し込めません。

図
【押し込みにくい場合】
プラスチックハンマー等で軽くたたき込んでください。
図

カタログ請求・お問い合わせフォーム