トップページ > 熱対策関連機器 > 屋内盤用クーラー 機種選定方法

屋内盤用クーラー

屋内盤用クーラー

コンパクトな電子冷却式「ボックスクール」、冷却能力が高いコンプレッサ式「クールキャビ」
豊富なラインナップの中から最適な1台を。

機種選定方法

選定にあたっての注意

  • 制御盤キャビネットの密閉性、発熱体の位置および凝縮器、エバポレータ、フィルタの汚れなどにより、期待していた能力が得られない場合もあるため、選定には十分な余裕を持たせるようにしてください。
  • 盤内希望設定温度は、必要以上に外気温度より低くしないようにしてください。
  • 炉の近くなどで輻射熱の影響を受けるような場所では、期待していた能力が得られない場合もあるため、選定には十分な余裕をもたせるようにしてください。

機種選定に必要な制御盤の使用条件

盤用クーラーの冷却能力を求める場合、その要素として制御盤の使用条件が必要となり選定にあたっては次の使用条件の各値を決定します。

熱対策機器 屋内盤用クーラー「クールキャビ」機種選定に必要な制御盤の使用条件(例)

「かんたん機種選定」で機種選定する →

最高外気温度より盤内希望設定温度が低い場合

熱対策機器 屋内盤用クーラー「クールキャビ」最高外気温度より盤内希望設定温度を低くしたい場合

「かんたん機種選定」で機種選定する →

最高外気温度より盤内希望設定温度が高い場合

熱対策機器 屋内盤用クーラー「クールキャビ」最高外気温度より盤内希望設定温度を高くしたい場合

「かんたん機種選定」で機種選定する →

※制御盤キャビネット(鉄板製)の熱通過率Uは5~6〔W/(m2・K)〕が目安ですが、例としてU=5〔W/(m2・K)〕で行っています。

※盤用熱関連機器工業会発行「技術資料 第005号-2005冷凍サイクル式盤用クーラの機種選定方法」より

カタログ請求・お問い合わせフォーム