トップページ > 環境製品(ミスト) > 「ミストキャッチ」製品一覧 > 自動洗浄ユニット OMC-ATW-N**

ミストコレクター「ミストキャッチ」

ミストコレクター「ミストキャッチ」

エコ環境を考えたミストコレクター
フィルターを使用しない独自の構造でオイルミストを吸入し、工場環境をクリーンに保ちます。


OMC-N1/N2 シリーズ用自動洗浄ユニット OMC-ATW-N**

メンテナンスサイクルの長期化に。ミストキャッチ N2シリーズの捕集ユニットを洗浄します。

特長・取得規格 | 型式・仕様 | メカニズム | システム構成 | 外形寸法図 | 注意

特長

  • ミストキャッチの運転を止めることなく洗浄ができます。
  • 圧縮エアーの供給とタンクへの給水だけ!複雑な給水配管等は必要ありません。
  • 運転切換スイッチでAUTO運転とMANUAL運転が選択できます。
    ・AUTO運転 … 3時間毎に20秒間水を噴射します。(初期設定値)
     汚れの状況等に応じて噴射する間隔と洗浄時間を変更可能です。
    ・MANUAL運転 … 水を連続噴射し、油汚れを強力に落とします。
    ぽ
  • ミストキャッチと制御ユニットを分離して設置できます。
    ミストキャッチが高所に設置されている場合でも、ユニットを別置することで設定変更や運転切り替えが簡単に行えます。

取得規格

欧州RoHS対応...○ 中国RoHS対応...× CE宣言...× UL規格対応...× CSA規格対応...× 電気用品安全法適合...×

アイコンの見方をご確認ください。

特長・取得規格 | 型式・仕様 | メカニズム | システム構成 | 外形寸法図 | 注意

型式・仕様

型式 OMC-ATW-N21 OMC-ATW-N22
定格電圧(※1) 単相AC200V(50/60Hz) 単相AC220V(50/60Hz)
定格消費電力 約14W
ミストキャッチ適合機種 OMC-N2シリーズ
運転モード
  • AUTO運転(初期設定:3時間毎に20秒間水を噴射)
  • MANUAL運転(連続で水を噴射)
洗浄時間(推奨値) 20 ~ 40秒(初期設定 20秒)
待機時間 0 ~ 30時間(初期設定 3時間)
水噴射量( 揚程1m時)(※2) 約0.6mL/s
噴射動力源 圧縮空気
必要供給圧力 0.3 ~ 0.8MPa
最大揚程 2m
使用液体 水(0 ~ +40℃) 凍結無き事
電源ケーブル 3m
使用周囲温度 0 ~+40℃ 凍結無き事
使用周囲湿度 35 ~ 85% RH 以下 結露無き事
標準付属品
  • ø6mmチューブ(青) 4m:1本
  • ø8mm チューブ(黒)1m:1本
  • タンク5L:1個
  • M4ねじ:2本
  • 取扱説明書:1冊
規格/環境対応 -/RoHS
  1. 異電圧仕様は特殊対応となります。メーカにお問い合わせください。
  2. 揚程が高くなる程、水の噴射量は少なくなります。

特長・取得規格 | 型式・仕様 | メカニズム | システム構成 | 外形寸法図 | 注意

メカニズム

ミストコレクター ミストキャッチ専用自動洗浄ユニット OMC-ATW-N11 外形寸法図 ミストコレクター ミストキャッチ専用自動洗浄ユニット OMC-ATW-N11 外形寸法図

  1. ターボファンが吸引する風力を利用して水滴を中心部へ引き込みます。
  2. ターボファンで水滴を加速させながら捕集ユニットに衝突させます。
  3. 捕集ユニットに付着した汚れを定期的に洗い流すことにより汚れの堆積を抑えます。

特長・取得規格 | 型式・仕様 | メカニズム | システム構成 | 外形寸法図 | 注意

外形寸法図

OMC-ATW-N21/OMC-ATW-N22

ミストコレクター ミストキャッチ専用自動洗浄ユニット OMC-ATW-N21/OMC-ATW-N22 外形寸法図

特長・取得規格 | 型式・仕様 | メカニズム | システム構成 | 外形寸法図 | 注意

注意

ご使用の前に必ず取扱説明書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。

  • 振動、衝撃の影響が大きい場所、水、油のかかる場所でのご使用は避けてください。
  • 周囲温度が0 ~+40℃で、周囲湿度が35~85%RH(結露無き事)の範囲で必ず使用してください。
  • 電源は必ず定格電圧を使用してください。
  • 電源の取入れ口には、必ず適切なブレーカを介してください。
  • ミストキャッチOMC-N2シリーズ以外ではご使用なさらないでください。
  • 本製品1 台に対して、ミストキャッチ1 台を接続してご使用ください。複数台のミストキャッチとの接続は故障の原因になります。
  • 本製品の取付けには電気工事が必要です。専門業者または有資格者にご相談ください。
  • 納入されたとき、その梱包状態が損傷していないかご確認ください。梱包の損傷が故障の原因につながります。 損傷を受けていた場合には、メーカに必ずご連絡ください。

カタログ請求・お問い合わせフォーム