トップページ > 配線パーツ > 「絶縁キャップ」製品一覧 > ねじ止め用多連式絶縁キャップ OA-QTM

絶縁キャップ

絶縁キャップ

テープ巻き不要、各種配線接続の絶縁処理に。


ねじ止め用多連式絶縁キャップ OA-QTM(中継用)

1 つで「端子台+端子ボックス」の役目を果たします。

特長・用途 | 型式・仕様 | 作業手順 | 外形寸法図 | 材質 | 注意 

特長

  • 固定ができ、中継ボックスの役目を果たします。
  • テープ巻きと違い、接続変更が簡単にでき、個人差が出ません。
  • 配線処理がスッキリします。

用途

  • 各種機械・検査装置のモータ線・センサ線などの中継接続、絶縁
    処理に。

型式の見方

絶縁キャップ ねじ止め用多連式絶縁キャップ OA-QTM 型式の見方

取得規格

欧州RoHS対応...○ 中国RoHS対応...× CE宣言...× UL規格対応...× CSA規格対応...× 電気用品安全法適合...×

アイコンの見方をご確認ください。

  • 製品としては「UL認証製品」ではありませんが、材質の一部はUL認証材です。材質でご確認ください。

オプション

保護キャップ 2点止め固定具    
   

絶縁キャップ ねじ止め用多連式絶縁キャップ OA-QTM 製品写真

ねじ止め用多連式絶縁キャップ 
OA-QTM

絶縁キャップ ねじ止め用多連式絶縁キャップ OA-QTM 使用例

絶縁キャップ ねじ止め用多連式絶縁キャップ OA-QTM 使用例

使 用 例

特長・用途 | 型式・仕様 | 作業手順 | 外形寸法図 | 材質 | 注意

型式・仕様

型式 極数 定格
電圧
最大適合
電線径(mm)
端子
ねじ
適合圧着端子
(mm)
使用周囲
温度
本体
質量
販売
単位
OA-QTM32 3P AC/DC
600V
ø3×2本
/端子ねじ
A 0.5-2(丸端子)
Max.5.7端子
-20~
+80℃
約5g 20個
OA-QTM33 ø3.5×2本
/端子ねじ
B 1.25-3(丸端子)
Max.6端子
約10g
OA-QTM34 ø5×2本
/端子ねじ
C 1.25-4・2-4(丸端子)
Max.8.5端子
約15g
OA-QTM44 4P 約19g
OA-QTM64 6P 約30g 10個

端子ねじ詳細

A:M2×5 ばね座金付なべ小ねじ
B:M3×5 ばね座金付なべ小ねじ
C:M4×6 ばね座金付なべ小ねじ

特長・用途 | 型式・仕様 | 作業手順 | 外形寸法図 | 材質 | 注意 

作業手順

絶縁キャップ ねじ止め用多連式絶縁キャップ OA-QTM 作業手順図 電線を接続する。   絶縁キャップ ねじ止め用多連式絶縁キャップ OA-QTM 作業手順図 ケースへ入れる。   絶縁キャップ ねじ止め用多連式絶縁キャップ OA-QTM 作業手順図 「パチン」と音がするまで押し込む。   絶縁キャップ ねじ止め用多連式絶縁キャップ OA-QTM 作業手順図 【ねじ止めする場合】   絶縁キャップ ねじ止め用多連式絶縁キャップ OA-QTM 作業手順図 【結束バンドで固定する場合】
電線を接続する。   ケースへ入れる。   「パチン」と音がするまで押し込む。   【ねじ止めする場合】   【結束バンドで固定する場合】

※取付の際、QTM に負担がかからないよう、電線は余裕をもって配線してください。

施工時の注意

型式彫刻面を上にしてケースを外してください。 型式彫刻面を上にしてケースを外してください。 型式彫刻面を下にしてケースを外すと、端子ねじが落下します。 型式彫刻面を下にしてケースを外すと、端子ねじが落下します。

電線接続時の注意

  • 指定以外の圧着端子は使用しないこと。(仕様参照)
  • ねじは付属ねじまたはそれと同等のもの以外は使用しないこと。(仕様参照)
  • ねじにゆるみがないことを必ず確認すること。(増締めを必ず行うこと)
  • 右図のような接続は絶対にしないこと。
絶縁キャップ 丸端子ねじ止め用絶縁キャップ OA-QM 作業手順図

特長・用途 | 型式・仕様 | 作業手順 | 外形寸法図 | 材質 | 注意 

外形寸法図

絶縁キャップ ねじ止め用多連式絶縁キャップ OA-QTM 外形寸法図

特長・用途 | 型式・仕様 | 作業手順 | 外形寸法図 | 材質 | 注意 

材質

絶縁キャップ ねじ止め用多連式絶縁キャップ OA-QTM 材質図

特長・用途 | 型式・仕様 | 作業手順 | 外形寸法図 | 材質 | 注意

注意

  • OA-QTM シリーズは防水タイプではありません。防水の必要な所にはOA-QW シリーズをご使用ください。
  • 以下の環境での使用・保管はしないこと。製品劣化の原因になります。
    1. 強酸、有機溶剤(塩化エチル・塩化メチル・クレゾールなど)の雰囲気。
    2. 水蒸気、塩気、オゾンの雰囲気。

その他、特殊環境でのご使用についてはご使用前に弊社までお問い合わせください。

カタログ請求・お問い合わせフォーム